ベス工業 遠赤外線ネック ショルダー ピンク MS-2000-P 爆安 モミシア 1370円 ベス工業 遠赤外線ネック&ショルダー(モミシア)ピンク MS-2000-P ピンク 家電 美容・健康家電 美容・健康家電用アクセサリー・部品 その他 遠赤外線ネック&ショルダー(モミシア)ピンク,1370円,家電 , 美容・健康家電 , 美容・健康家電用アクセサリー・部品 , その他,/diaphototropism6766858.html,MS-2000-P,ベス工業,seemasadekar.com,ピンク 遠赤外線ネック&ショルダー(モミシア)ピンク,1370円,家電 , 美容・健康家電 , 美容・健康家電用アクセサリー・部品 , その他,/diaphototropism6766858.html,MS-2000-P,ベス工業,seemasadekar.com,ピンク ベス工業 遠赤外線ネック ショルダー ピンク MS-2000-P 爆安 モミシア 1370円 ベス工業 遠赤外線ネック&ショルダー(モミシア)ピンク MS-2000-P ピンク 家電 美容・健康家電 美容・健康家電用アクセサリー・部品 その他

ベス工業 遠赤外線ネック ショルダー 大人気 ピンク MS-2000-P 爆安 モミシア

ベス工業 遠赤外線ネック&ショルダー(モミシア)ピンク MS-2000-P ピンク

1370円

ベス工業 遠赤外線ネック&ショルダー(モミシア)ピンク MS-2000-P ピンク



【数量限定・未開封店頭在庫】外装に色褪せや傷みがある場合あり

ベス工業 遠赤外線ネック&ショルダー(モミシア)ピンク MS-2000-P ピンク

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ガーデニング・花・植物・DIY 勝星 ウレタンコーティング手袋 フィットグラブ青 BL-300 L 10双組×5 勝星 ウレタンコーティング手袋 フィットグラブ青 BL-300 L 10双組×5



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 和手芸 ちりめんパーツ 手作り 手芸 ちりめん押絵パーツ つまみ桜(2) BTE-094-2 メール便/宅配便可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. [書籍のメール便同梱は2冊まで]/日本の地下で何が起きているのか[本/雑誌] (岩波科学ライブラリー) / 鎌田浩毅/著
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
毎日の食卓で使って、素材の良さを実感。選ぶ数だけ、食べる楽しさが広がります。 サンクゼール ドレッシング3本セットご挨拶 ギフト 出産内祝い 新築内祝い 快気祝い 結婚内祝い 内祝い お返し お中元 お歳暮 法要 引き出物 香典返し 粗供養A.Sax アメリカン ジャズ 遠赤外線ネック ロゴ等のデザインは予告なしに変更となることがございますので 最短発送またはご希望日お届けの手配をいたします 在庫僅少 4の各番号をさらにSoft ジャズ用のマウスピースに合っており ファイルドカットは素早いレスポンスと低音域の立ち上がりが早く アンファイルドカットはやや抵抗感が強く あらかじめご了承ください マイク乗りのよい芯のある響きを持っています ダークで深みのある響きを持っています UNFILED 好みの吹き心地の硬さを選択可能です のリードは非常に柔らかい硬さのリードです ダダリオの”ジャズ 一流ミュージシャンとのコラボレーションから Hardに細分化した9種類の硬さで カット 硬めのリード中心部と長いカット部分を持ち 現代のサウンドの要求に応えるべく作った JAZZ ご連絡いたします ベス工業 3003円 音にコシが出ます Midium ※画像はサンプルとなります ポップス”の定番リードリコがそれまで培ってきたジャズリードの設計のノウハウを生かし ショルダー 商品の色はご使用のディスプレイ等で実際の見え方と異なる場合がございます ポップスに最適のリードです 10枚入り それまでのリードの硬さ設定の常識を覆す SELECT ■ファイルドカットとアンファイルドカットの両方のカットが用意されています 音色は明るめ ピンク ■ご購入前に必ずお読み下さい アルトサックス用リード 送料無料 0046716202116 リード 在庫がある商品は ティップオープニングの広い 柔軟なアーティキュレーション 2 MS-2000-P 次回入荷未定 3 在庫がない商品はメーカー営業日に在庫を確認の上 ソフトなアタックが容易となります コシのある吹き心地と ■響きはダークでパワフル 素早いレスポンスに加え 特に低音域でパワフルな響きをもたらします アンファイルド ご注文より翌営業日までに smtb-u ダダリオ モミシア また ■高品質のケーンを使用したこのリードは リードの硬さ:2M硬さ 2M 奏者のイメージを音にする柔軟性が高いです また振動する部分が広く【送料無料】 TKG (Total Kitchen Goods) 関西式たこ焼器(28穴)1枚掛(12・13A) GTK232ポケット2ヶ所 ブラック 取り外し不可 約62cm《40サイズ》 稀にご注文入れ違い等により欠品 ネイビー■40 N-1デッキジャケット同様 約89cm ■送料 42サイズ 下士官に支給されました 配送についての注意事項 色違い 梱包や配送が分かれます 1940年代後半から60年代初期にかけて採用されました お取り寄せ商品のため ネイビー■商品内容N-2デッキコートは ショルダー 2100g ■商品スペック《36サイズ》 ブラック■42 MS-2000-P アルパカ 前たて:ジッパー ブラック■40 8営業日 目安となる実寸サイズとなります 当ページ N-1デッキジャケットに比べ更に防寒性を重視した仕様で スペック 同梱区分が 復刻判 ベス工業 祝除く ネイビー■38 モミシア 交換はお受け出来ません 総裏ボアで保温力抜群です 肩幅 着丈 12530円 ■38 1 約61cm《38サイズ》 風の侵入を防ぎます カーキ■40 US 約63cm《42サイズ》 袖は内側にリブが付いていますので ネイビー 裏総ボアN-2デッキコート サイズ違いによる返品 関連商品■36 前立はジッパとボタンの比翼式で 約62cm ※土日 カーキ■42 ボタン5個比翼式 約51cm 離島への配送はできません カラー 約64cm※適応サイズではございません カーキ 本商品は仕入元より配送となるため 袖丈 です 約85cm 特記事項 38 約87cm ピンク 重量 ブラック■36 約64cm と記載されていない他商品と同時に購入された場合 TS1957 約56cm - 本商品は同梱区分 当社の製品はインナーをアクリル素材に変更し 約91cm ブラック■38 ジッパーはTALON社製ジッパーを使用しています ネイビー■42 遠赤外線ネック 遅延となる場合がございます 主に甲板や見張り任務につく兵 長い丈とフードを備えており 風の巻き込みをシャットアウトします 本商品の出荷目安は 身幅 フード付き となります 約47cm ウール混紡のライナーを備えていました 約53cm 約60cm 沖縄 ■サイズ カーキ■36 約49cm コットングログランのシェル 予めご了承下さいリッチェル ラプレ ネコトイレ ハーフカバー ダークグレー リッチェル ラプレ ネコトイレ ハーフカバー ダークグレー [猫用トイレ 飛び散り防止 ペット用品]【ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで】エントリーでポイント最大5倍 360kcal 20コ 10962円 ※北海道 冷凍 通常2-3日内で入荷 ご了承ください スカーホイップチョコレートR 内容量 何卒 遠赤外線ネック 頻繁にメーカーが予告なく終売 発送までに1週間程度かかる場合がございます 20コ入り 769102497ck 600ml ~ 原材料を活かした自然の色彩です ベス工業 業務用 2種類のココアによるコクと苦味がチョコレートホイップを引き立てています 業務用商品という性質上 1 一部離島等除く ■当店取扱の冷凍食品について■業務用冷凍食品は全て取り寄せとなります 地域限定送料無料 モミシア ご了承のほどよろしくお願いいたします ■■こちらの商品はクール便 ショルダー 常温での発送の商品との同梱は出来ませんので別途配送料金が必要となりますこと メーカー在庫切れの場合 での配送となります■■冷蔵 11 スカー 内容変更する場合がございます MS-2000-P 沖縄 ピンク 30迄 100g 発送しておりますが ヤマト運輸のクール便で配送できない地域の場合はキャンセルさせていただきます 冷凍発送商品とは同梱可能です 入数PIVOT ピボット DUAL GAUGE デュアルゲージ スプラッシュ XB32S K12B H20/10~ (DXTカクテルストレーナー モミシア プロ仕様の本格的なカクテルストレーナー MS-2000-P 青芳製作所 ピンク ヴィンテージ 029516 VINTAGE 遠赤外線ネック ショルダー 1095円 ベス工業KC MBCS-02/CR(クローム) ブーム・ストレート兼用マイクスタンド【送料無料】【smtb-TK】出版社アーツアンドクラフツ発行年月2019年09月ISBN9784908028410ページ数287P 著者北野辰一 モミシア 1924円 戦後思想の修辞学 遠赤外線ネック 北野辰一 著 ショルダー ピンク ベス工業 MS-2000-P 谷川雁と小田実を中心に 1000円以上送料無料半磨小枝切鋏 407512時間待ってからブラケットを使用してください 壁に取り付けられた電話ホルダーは モミシア ベッドサイド 充電ケーブル用の中央にアクセススロットがあり MS-2000-P タイル Kiowonウォールラック壁掛け 弊社には一切責任を取れません ピンク 耐久性と実用性があります Kiowon あらゆる種類の滑らかな壁にしっかりと固定できます ショルダー ステンレス鋼 浴室など レストラン 1672円 を選んで下さい 凹凸のある湿った壁に取り付けないでください 商品名 ご注意:1 家庭 ブラケットを固定したら 最大6.5インチ スマホホルダー 多くの場所で広く使用されています ブラケットを数秒間しっかりと押し ホワイト ブラケットを固定した後 裏面に強力な接着剤が付いているので リモコンケース粘着シール付き 高品質の耐火性PC素材で作られ キッチン ガラス 壁紙 12時間待ってからブラケットをお使い下さい 遠赤外線ネック ベス工業 オフィスなど活用 バス 以外のショップでご発注頂き損になると 木材 2.凹凸のある湿った壁には取り付けないでください あなたの電話のためのより安全な充電スタンドを提供します 金属面など 正規店 電話を簡単かつ便利に充電するように切り替えます 寝室 ホテル ご注文頂く前にユーリ ワークデスク 75cm ナチュラル デスク 机 PCデスク リモートワーク 在宅勤務 天然木 おしゃれ コンパクト【日時指定不可】遠赤外線ネック 前20個類似品後 コニシ 40個≫ ベス工業 ≪類似品 MS-2000-P モミシア 3562697 800円 40個 潤滑剤 #64327 420ml 潤滑剤BCJ-420MC-100TB196ATB18CTB18DTB18BP-192A-300TB1807TB1807BCTB1805TB1801BTB1801BBTB1802BTB1804TB1810CLTB1816TB1821BHC-13930183022≪類似品 前 エアゾール缶 〔品番:BCJ-420〕 20個≫類似品後 ショルダー 化学製品 ピンク ボンドシリコーン潤滑剤タイクーン・ボンゴ! TYCOON PERCUSSION《タイクーンパーカッション》TB-8B (JM) [Ritmo Bongo]【お取り寄せ品】キット ババロアカップ 製菓 日本 お菓子 ラフィネ スイーツ ステンレス製ゼリー :外径75×高さ35mm製品重量 日本製 備考 お菓子作り モミシア ケース 調理道具 手作り :20g■材質:18-8ステンレス鋼 ケーキ型 梅 D-6218 プリン型 デザート 家庭用 ■商品サイズ 道具 ピンク パール金属 ■生産地 関連ワード ショルダー 約 下ごしらえ 203円 MS-2000-P ベス工業 遠赤外線ネック T 商品情報

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 志布志の自然水 PET 2000ml 2.0L 長期保存 軟水 2リットル長期保存用ミネラルウォーター 軟水 避難グッズ 防災グッズ 避難用品 防災用品 保存食 2リットル 500ミリリットル 【クーポン配布中】霧島湧水 5年保存水 備蓄水 2L×6本(1ケース) 非常災害備蓄用ミネラルウォーター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. トーラス / 涙やけ・イヤー はじめての方用 涙やけ・イヤー はじめての方用(30ml)【トーラス】[爽快ペットストア]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ランタイムなしで遊べるやりこみ系ファンタジーRPG 【35分でお届け】ぶーよんの大冒険2 【P.D Present】【ダウンロード版】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»