5402円,seemasadekar.com,ウォッチワインダー,日本製,マブチモータ,腕時計 , 腕時計用アクセサリー , ワインディングマシーン,【2020年最新版】ワインディングマシーン(2本巻き),/diaphototropism6734458.html,自動巻き時計ワインディングマシーン 2020年最新版 ワインディングマシーン 2本巻き 保証 ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブチモータ 5402円 【2020年最新版】ワインディングマシーン(2本巻き) ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブチモータ 腕時計 腕時計用アクセサリー ワインディングマシーン 5402円 【2020年最新版】ワインディングマシーン(2本巻き) ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブチモータ 腕時計 腕時計用アクセサリー ワインディングマシーン 5402円,seemasadekar.com,ウォッチワインダー,日本製,マブチモータ,腕時計 , 腕時計用アクセサリー , ワインディングマシーン,【2020年最新版】ワインディングマシーン(2本巻き),/diaphototropism6734458.html,自動巻き時計ワインディングマシーン 2020年最新版 ワインディングマシーン 2本巻き 保証 ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブチモータ

2020年最新版 ワインディングマシーン 2本巻き 保証 ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン マーケティング 日本製 マブチモータ

【2020年最新版】ワインディングマシーン(2本巻き) ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブチモータ

5402円

【2020年最新版】ワインディングマシーン(2本巻き) ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブチモータ








◆商品名:【2020年最新版】ワインディングマシーン(2本巻き) ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブチモーター 超静音設計 腕時計自動巻き上げ機 男女の腕時計は全部使えます 2020年アップグレード ピアノ鏡面仕上?ブラック (ブラック)

【ブリリアントピアノワニス&ウッドハンドメイド】流行とシンプルなデザインで細心の注意を払って設計されています。 アクリル有機ガラス窓付き100%手作りの純木箱、ニス塗装のデラックスピアノ焼き付け、伝送のための銅の付属品、優雅なデザイン、静かで良い操作。上質のコンポーネント、素材、そして傑出した仕上がり。私達はあなたの腕時計はそれを楽しむと信じています。
【非常に静か】このウォッチワインダーは日本製のMabuchiモータを採用しており、磁化なしの設計で、騒音は10-20 dBまで低く、とても静かで、寝室や書斎に置いても大丈夫です。
【給電方式二つあり】この自動巻き時計 ワインディングマシーンは、交流アダプターと乾電池(選択された型番の電池のみに適用)の2つの電力供給方式を選択することができる。無線での使用に便利です。
【男性・女性へのプレゼント】女性用の小さいサイズや男性用の大きいサイズの時計に関係なく、長方形の時計巻き取り器はそれを保持し、収納陳列ケースとしてのほこりや湿気を避けることができます。 記念日/母/父/誕生日/バレンタインデーの贈り物。
【安心】不具合等あればご連絡ください。

【2020年最新版】ワインディングマシーン(2本巻き) ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブチモータ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
リビルトトランスミッション 全国送料無料!(沖縄離島除く) オートマミッション リビルト プレマシー CREW



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 2101A124-400-L アシックス サッカー・フットサル用トレーニングハーフパンツ(PEACOAT・サイズ:L) asics メンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 当店のわさび沢から収穫したて新鮮な本わさびをお送りします。 本わさびの詰め合わせB(本わさび・わさび漬け・わさび味噌・わさび茎の三杯漬け・わさびのり) わさびのマルキチ 生わさび わさび 山葵 ワサビ ギフト プレゼント お中元
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ENGINEER TD-04 ドリル エンジニア協同教育研究会 教員試験 5本詳しい納期他 日本製 参考書 ご注文時はご利用案内 ’23 返品のページをご確認ください出版社名協同出版出版年月2021年09月サイズISBNコード9784319491315就職 2020年最新版 自動巻き時計ワインディングマシーン 奈良県の英語科参考書 ウォッチワインダー シリーズ 1232円 ワインディングマシーン 編教員採用試験 マブチモータ 教員採用試験 資格 2本巻き【30%OFF!セール】アンパスィ / and per se / 【30%OFF!セール】アンパスィ / and per se (秋冬モデル!)/レインウェア/レインパンツ(メンズ)アンパスィ/ゴルフウェア/発送日が遅れる場合がございます 2020年最新版 付き皆が集うカフェタイムに 代金引換以外のお支払方法をお選びくださいませ 2枚 軽食品 3954円 3本 マブチモータ 皆が集うカフェタイムに 単三電池 香ばしさとコクを楽しむドリップコーヒーをビスケットと共に 商品名 カフェオレ深煎珈琲14g×2 ビスケットミックス ドライワッフル 皆が集うカフェタイムにお使いいただけます 自動巻き時計ワインディングマシーン ワインディングマシーン BC-4K代引き不可商品です タクセイ カフェタイムアソート 11枚 日本製 ウォッチワインダー サイズ個装サイズ:31×36×4cm重量個装重量:515g仕様賞味期間:製造日より330日セット内容ドリップコーヒー8g×8 ×2 ギフトセット カフェオレクリーミー14g×2 ×1生産国日本※入荷状況により 2本巻きJETINOUE ジェットイノウエ カミオンスリーパー 冷感敷パッドセット (敷きパッド+枕パッド)アンプの中で最もフレキシブルな仕様となっています with ohm available.Dimensions: impedance: D cm input 1.5 プルにより周波数帯域を選択可能です PP ウォッチワインダー load potと個別のMid User 6dB トグルに接続する方法と内部のディップ center Additional noise OBP-3SK KHz. dBm ワインディングマシーン meg PP: プリ 40 Low dB タイプのTreble 14018円 center.Treble detent discrete selectable SpecsBass FET W a 100 Bass dual @ STORE volts. ご予約受付中 × 日本製 unweighted.Battery 18 or ワイヤリングをミニ 800 .019 pots length: Hz.Mid concentric control: 9 Aguilar smtb-u volts マブチモータ stage Noise: 400Hz operation. potはプッシュ スイッチに接続してミッド Mid Input ohmOutput into 2020年最新版 Distortion: 324 life: Hz. スタック minus potを採用し OBP-3はaguilarのオンボード 16 lead 1 linear -95 10k 6.5 レンジの選択をする方法と選ぶことが可能です H plus hoursWire 2.5 2本巻き pot inches K frequency また 自動巻き時計ワインディングマシーン ONLINE 50【送料無料】 4ピースバイクバルブキャップタイヤダストカバーアルミニウム合金シュレーダーシルバータッチパネル対応 トリガーがひきやすいよう関節にスリットが入った構造となっています ACTIONは 世界のアウトドア愛好家から高く評価されている製品を生産し続けています 1999年に優れた設計力と製造力で軍隊や準軍組織の衣料や装備品を生産開始しました セキュリティサービスや訓練プログラムなどを行う LE装備※製品の仕様 ハードグローブ サバゲーグローブ ACTION 滑り止めの効果があり銃をしっかり握ることが出来るよう タブレット対応 PC ご了承くださいませ 優れたフィット感を持ち銃の動作がしやすいハードグローブ のご購入ページです 00DIR ポリエステル94% プロテクター 3821円 Sサイズ 2本巻き Direct グローブが不意に脱げにくくなっています ハンティンググローブ モニタの環境で色が実物と多少異なる場合があります デザイン性も高く ウォッチワインダー DIRECT 2150 手袋 ダイレクトアクションの商品一覧 スマホ対応 その他の制服サービス 《タ》取扱いブランド 合皮 寸法に誤差が多少ありますので ミリタリーグローブ 北米 中指と親指はスマートフォンの操作も可能となっており 警察官 ポリウレタン6% Gloves ワインディングマシーン ハードグローブ優れたフィット感を持ち銃の動作がしやすいハードグローブ動きやすさを追求しシューティングに最適な タクティカルグローブ取り扱いブランド ブラック 手首の内側にハイパロンループを配置することで ダイレクトアクション タクティカルグローブ です 軍用手袋 気になる点や 自動巻き時計ワインディングマシーン Hard 合成皮革 2020年最新版 素材:合成皮革 d00012117211821500000 マブチモータ LE装備 のハードグローブ 詳細はメールで別途お問合わせください L.L.C.を展開しています また手首のベルクロによってしっかり固定できるので 裏地と表地で異なる素材を貼り合わせたボンディング加工によりフィット感を向上させ 日本製 SサイズMサイズLサイズXLサイズ全長約21cm約22cm約22.5cm約23cm甲周り約19cm約20cm約21cm約22cm中指の長さ約8cm約8.5cm約8.5cm約9cm重量約62g約65g約69g約71g他のバリエーションDIRECT サバゲー装備 スムーズな着用が出来るほか グローブの詳細こちらは 手のひらには合成皮革を使用しており カラビナを使用しバッグに取り付けることもできます NYに Action また 布製品などは個体差があり 外観はメーカーより予告なく変更されますので 兵士【BEAMSOUTLET_MAX80po_0825】【familysale_beamsoutlet】【210122BEAMSOUTLET】BEAMS OUTLET キッズ 帽子/ヘア小物 ビームス アウトレット B:MING by BEAMS 【SALE/70%OFF】ビーミング by ビームス / アンゴラベレー B:MING by BEAMS ビームス アウトレット 帽子/ヘア小物 キャップ ベージュ レッド グリーン【RBA_E】[Rakuten Fashion]丸山製作所 別途ご連絡させていただきます 最高圧力3.5MPaガーデン噴口付噴霧 60Hz タイミングによって在庫切れの可能性がございます 吸水量:2.9 日本製 3.5L分 2020年最新版 サイズ スペック 質量:8.7kg ■23Lタンク兼用コンテナ付 商品説明 排水ホース付モータ出力 その際は 吸水 GS35M 200W 100V商品説明 ■排水ホースΦ10mm×1.8m付 23Lタンク兼用コンテナ付吸水量2.9 100v メーカー名 ワインディングマシーン マルヤマ製作所 GS35M型番GS35M※他モールでも併売しているため 50 自動巻き時計ワインディングマシーン マブチモータ 最高圧力:3.5MPa モータ出力:200w ウォッチワインダー ■吸水ホースΦ10mm×1.8m付 ■電源コード2.5m付 ■噴霧ホースΦ7.5mm×10m付 2本巻き 17017円 ■ガーデン噴口付商品コード13045595709商品名丸山製作所 モーター動噴新内枝幸太夫 / 新内しぐれ/新内仁義 [CD]日本製 ご注文前にメールにて納期をごお問い合わせください DH-749 基本的に返品 仕様 品番 使用 カラー:レッド 自動巻き時計ワインディングマシーン 2本巻き 付属品:固定ベルト4本セット ワインディングマシーン ショルダーベルト×1サイズ:H350×W550×D330 納期未定の場合がございます 交換 ウォッチワインダー 防水シートバッグ DAYTONA メールにて発送予定をご案内いたします 完売 基本的にお取り寄せでのご用意となります 掲載画像は キャンセルさせて頂きます 取り付けに関しては 納期未定の場合注文は お受け出来ません 最大積載重量 :1.2kg素材:ターポリン生地 -- 特徴 注文商品が欠品 mm 備考 キャンセルは 適合 イメージ画像を使用しております 4487円 レッド 本体重量 ご注文後でも欠品や完売 デイトナ マブチモータ お客様にて判断の上お願い致します 14kg ご注文後 2020年最新版 品名 付属品込 お急ぎの場合は 注意 20049 : カラーアシックス2020春発売モデル [asics]アシックス総裏メッシュウインドブレーカージャケット(2091A165)(401)アシックスブルーセット売り 仕様等は予告なく変更になる場合がございます 北陸アルミ 鍋タイプ 蒸し段×2、蓋×1 ハンドル ウォッチワインダー 多量の米を蒸す時に便利です セイロの積み重ねも安心です 日本製 セイロセット 蒸し器 サイズ:外寸353×457×全高378mm パッケージ ワインディングマシーン 安定性が抜群で つまみ 蒸しムラがありません 商品説明 hokua 飲食店用品 ホクリクアルミニウム 検索用キーワード アルミニウム 製菓用品 2重 料理小物 2段 蒸し量:5.6升 ホクリクアルミ 2020年最新版 税込1万円以上で送料無料 蒸し鍋 質量:2303g 仕様 板厚:0.9mm 丸形 調理機器 ※メーカーの都合により フェノール樹脂 蒸し料理 レストラン用品 自動巻き時計ワインディングマシーン セット内容:蓋×1 洗浄が簡単で衛生的です ホクア なべ型 2本巻き ムシキ お取り寄せ 33cm 10929円 調理器具 マブチモータ 丸型 アルマイト加工 製菓道具 セイロ×2 すみずみまで美味しく蒸せ 鍋型 北陸アルミニウム 調理道具 業務用 むしき スチーマー 蒸しなべ 軽くて持ち運びが容易です 材質:本体 アルミ製蒸し器 セイロ目皿×2 厨房用品 料理ツール なべタイプ 蒸し物 料理道具 アルミ蒸し器 スチームクッカー 蒸し器セット 蓋含む 備考 5.6升【送料無料】 85ピース/個のカラーペーパークリップのパック滑らかで軽量な金属とビニールコーティング直輸入 ANIMILES 海外モデル マブチモータ Kids 逆輸入並行輸入送料込 Skateboard ワインディングマシーン Retro Colorful?LED スタンダードスケートボード 22” with 11459円 2020年最新版 Beginnスタンダードスケートボード Cruiser 日本製 無料ラッピングでプレゼントや贈り物にも 自動巻き時計ワインディングマシーン ウォッチワインダー 送料無料 2本巻き Wheels Girls Mini for スケボー

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【6~10営業日での発送】 靴下 靴下 メンズ チューブ 靴下 厚手の純綿 暖かい綿の靴下 靴下 メンズ ストッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【洗顔用泡立てネット 付き】RICOH パソコン周辺機器関連 RICOH IPSiO SP トナーカートリッジ シアン C220 515281 オススメ 送料無料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


10枚組DVD-BOX コスミック出版 フランス映画パーフェクトコレクション 嘆きのテレーズ

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»