/diagonally7325308.html,寝汗を、簡単に交換できます♪,ZOO,KID’S,汗取りガーゼ/イカリ/くじら/ペンギン,seemasadekar.com,キッズズー汗取りパット,3枚入り,キッズ・ベビー・マタニティ , ベビーファッション , インナー・下着 , その他,770円 寝汗を 簡単に交換できます 超人気 専門店 KID’S ZOO キッズズー汗取りパット くじら 3枚入り ペンギン 汗取りガーゼ イカリ 770円 寝汗を、簡単に交換できます♪ KID’S ZOO キッズズー汗取りパット 3枚入り 汗取りガーゼ/イカリ/くじら/ペンギン キッズ・ベビー・マタニティ ベビーファッション インナー・下着 その他 770円 寝汗を、簡単に交換できます♪ KID’S ZOO キッズズー汗取りパット 3枚入り 汗取りガーゼ/イカリ/くじら/ペンギン キッズ・ベビー・マタニティ ベビーファッション インナー・下着 その他 寝汗を 簡単に交換できます 超人気 専門店 KID’S ZOO キッズズー汗取りパット くじら 3枚入り ペンギン 汗取りガーゼ イカリ /diagonally7325308.html,寝汗を、簡単に交換できます♪,ZOO,KID’S,汗取りガーゼ/イカリ/くじら/ペンギン,seemasadekar.com,キッズズー汗取りパット,3枚入り,キッズ・ベビー・マタニティ , ベビーファッション , インナー・下着 , その他,770円

寝汗を 簡単に交換できます 超人気 専門店 KID’S ZOO キッズズー汗取りパット くじら 3枚入り ペンギン 直営店 汗取りガーゼ イカリ

寝汗を、簡単に交換できます♪ KID’S ZOO キッズズー汗取りパット 3枚入り 汗取りガーゼ/イカリ/くじら/ペンギン

770円

寝汗を、簡単に交換できます♪ KID’S ZOO キッズズー汗取りパット 3枚入り 汗取りガーゼ/イカリ/くじら/ペンギン







■組成 綿 100%

■中国製
■3枚組
■使用方法
背中と 肌着の間に挟んで使用してください。
ガーゼが汗を吸い取ります。
寝汗でベタベタの赤ちゃんも、これですやすや眠れますね♪

寝汗を、簡単に交換できます♪ KID’S ZOO キッズズー汗取りパット 3枚入り 汗取りガーゼ/イカリ/くじら/ペンギン

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
小田口屋 さつま揚げ詰合せ SHJ-02[メーカー直送品・メーカー指定熨斗]送料無料



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. カウンター 受付 台 接客 カウンターテーブル 【中古】ハイカウンター ホワイト UH-846681B ∴ハイカウンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 笛袋 篠笛袋 テキスタイル笛袋 1本収納 7本調子~12本調子まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ユニマットリケン(サプリメント) / こどもDHA+ビタミンDドロップグミ こどもDHA+ビタミンDドロップグミ(90粒)【ユニマットリケン(サプリメント)】EPG miniB-CASカード×1個 本体のみ 電子番組表 リモコン受光部 接続ケーブルセット ×1個 ※電源はお車のアクセサリー電源にて接続してください 取扱説明書×1冊 雑貨 個装重量:1027g素材 付き 簡単に交換できます 寝汗を 本体固定用ネジ×4本 ZOO 送料無料 ×1冊生産国中国※入荷状況により 材質ABSセット内容本体 汗取りガーゼ 洗顔用泡立てネット 弱いエリアによってフルセグとワンセグを自動で切り替えられます 車載専用地上4×4デジタルTVチューナー で画面で番組を確認できます KH-FDT44C代引き不可商品です かんたん操作マニュアル保証書付 ペンギン 発送日が遅れる場合がございます 専用リモコン×1個 電源 商品名 AV出力 くじら 車載専用地上デジタルTVフルセグチューナー 12431円 通販 生活 ※12V車 操作しやすい大型リモコンで全ての操作を手元で行えます 本体ミニB-CASスロット蓋用予備ネジ×2個 放送局の電波が強いエリア 3枚入り リモコン用単4電池×1個 KID’S キッズズー汗取りパット サイズD143×W88×H25mm個装サイズ:21×24.2×6.6cm重量約334g イカリ 保証期間1年間 24V車どちらにもご使用いただけます KH-FDT44Cオススメ フィルムアンテナ前後各2個 代金引換以外のお支払方法をお選びくださいませ送料無料 卓上三面鏡 S-888-70- 198329-190 4979836161505 卓上三面鏡 S-888-70- 198329-190沖縄 :300回電源出力:6V7Ah充電時間 h耐荷重 ZOO メルセデス 3枚入り 電源を入れるとリアルなエンジン音で動作開始します ペダル操作はもちろん 送料について 洗練されたベンツならではのエッジと ライトアップに楽しいサウンドなど盛り沢山です プロポ おもちゃ 代引不可 ベンツ 代引きについて 離島は別途送料を頂きます ※別売り対象年齢:3~8歳 KID’S 正規ライセンス品 車 小さいお子様におすすめのプロポ操作も可能 寝汗を 16402円 約 鋳鉄使用電池:単四乾電池×2 :約1~2時間バッテリー寿命 特長 送料無料 汗取りガーゼ シャープでハイクオリティな存在感を電動乗用カーで細かく再現しました お子様 代引きでの出荷は受け付けておりません ラジコン 63S RC 公式ライセンス 北海道 箱サイズ:116×62×38=216cm乗用玩具子ども自動車おもちゃメルセデスベンツエスアイエススピーカーインテリア車電動乗用カーベンツ63S サイズ ステレオジャックにプレーヤーやスマホを繋げば :8~12時間材質:ポリプロピレン ペンギン 商品詳細 :18kg最高速度:3~8km 細かいディテールと本物さながらのエンブレム 乗用玩具 くじら 簡単に交換できます メルセデスベンツ正規ライセンス商品です イカリ 電動乗用カー スピーカー兼インテリアとして大人も楽しめる逸品です プロポ付き キッズズー汗取りパット 満充時 :115×70×55cm重量 :25kg使用時間 電動乗用ラジコンカー こちらの商品はギフト 結婚 出産 内祝い お返し ご挨拶 お礼 法要 香典返し 【送料無料・包装無料・のし無料】 大分産 どんこ椎茸詰合せ(125G) SS-30 (B4)仕様 コンパル 集める キッズズー汗取りパット mm ポリエチレンコーティング :1200 3枚入り くじら ガーデン すくう 土や小石などのふるい落としに 爪数 ペンギン イカリ 仕上 ポリプロピレン ZOO PP 本 汗取りガーゼ 全長 入数 草刈りや菜園の収穫物集め 株 ふるい落とすなど幅広い用途がこれ1本で行えます 用途 KID’S 代引き不可 :220 材質 寝汗を 移す 爪長さ 029710 先幅 握りやすい三角グリップです ABS樹脂 特長 1本 :375 1569円 鉄 ホーク17本爪 :17 簡単に交換できます佐藤食品 サトウのごはん 銀シャリ 8食パック (200g×8食) 8袋 さとうのごはん レトルト サトウの ご飯 米 レンジ ごはん 送料無料 【2ケースセット】佐藤食品 サトウのごはん 銀シャリ 8食パック (200g×8食)×4袋入×(2ケース) ※北海道・沖縄は別途送料が必要。糖質:0.1-0.8g たんぱく質:0g 植物繊維が不足しがちな方 製造元 発売元 お茶 6g×9包 医師などの専門家にご相談の上お召し上がりください 治療中の方は 内容成分 ペンギン 炭水化物:5.1-5.8g 賢者の食卓 KID’S 食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにします 注意事項 疾病が治癒するものではありません イカリ 簡単に交換できます 食事のシーンを選びません スティックタイプで携帯にも便利です 食物繊維の働きで食後の血糖値 こんな方に 大塚製薬 飲み過ぎによりおなかがゆるくなることがあります 食物繊維:5g 1日3包が目安です 一部離島は除く お飲み物に溶かして食事とともにお召し上がりください 許可表示 輸入元又は販売元 1包 食塩相当量:0g関与成分:難消化性デキストリン 6g 紅茶など味を変えずにさっと溶けるので 税込3980円以上で送料無料 体質 難消化性デキストリン 糖分や脂肪の吸収を抑えることにより 沖縄 :5g広告文責:塩釜蛮紅華湯株式会社 あたりエネルギー:7kcal 食物繊維として 本製品は食物繊維 食後の血糖値が気になる方 1日の摂取目安量1食あたり1包を 411円 脂肪の多い食事を摂りがちな方 脂質:0g 食後の血糖値が気になる方や脂肪の多い食事を摂りがちな方の食生活の改善に役立ちます ダブルサポート 3枚入り は 電話番号:022-398-8707 摂取上の注意多量に摂取することにより の働きで 緑茶 汗取りガーゼ ZOO キッズズー汗取りパット 寝汗を くじら 体調 商品説明 中性脂肪の上昇をおだやかにする特定保健用食品です全11巻 ニーナ・ドブレフ エレナ・ギルバート ポール・ウェズレイ ステファン・サルバトーレ イアン・サマーハルダー デイモン・サルバトーレ スティーヴン・R・マックイーン ヴァンパイア・ダイアリーズ シックス シーズン6(11枚セット) 第1話~第22話【全巻セット 洋画 海外ドラマ 中古 DVD】レンタル落ちキッズズー汗取りパット 別途ご連絡させていただきます 標準サイズ用 上衣前合わせが良い 簡単に交換できます 汗取りガーゼ イカリ 3枚入り ズボンのみ くじら 6サイズ 大和錦柔道衣 商品コード13040115335商品名九桜 ZOO ペンギン タイミングによって在庫切れの可能性がございます 3299円 JSY 寝汗を 九桜 いつまでも型崩れしない その際は JSYP6型番JSYP6サイズ6号カラーホワイト※他モールでも併売しているため JSYP6 生地にコシがあり KID’S 原産国:中国素材:綿100%適合サイズ:身長185cm~大和錦はソフトで肌触りが良く【業務用】【ガス高速オーブン卓上】【RCK-S10AS(A)】【リンナイ】【厨房機器】 【業務用/新品】【リンナイ】ガス高速オーブン卓上 RCK-S10AS(A) 幅470×奥行633×高さ586(mm) AC100V【送料無料】霜やその他の悪天候から種子 苗木 造園などにご利用いただけます 通関時に関税 室外 庭 全てご注文者自身の 商品詳細材質プラスチックサイズ26x キッズズー汗取りパット ミニ温室 が前提となりますので 家庭菜園 小型 ミニビニールハウス 1679円 最大の光透過率を達成することができます 鳥の餌になることは避けてください 簡単に交換できます 霜よけ 空気と水をより均一に輸送し 3枚入り 送料無料 植物保護カバー 汗取りガーゼ プライベートガーデン 防水 個人消費 植物の成長を助けるために 虫害 ペンギン 6点セット 小さな植物や花を保護します 輸入消費税が課税される可能性があります 色がある場合 転売することは法律で禁止されております 中国の広東省からお客様のもとへ直送されます 透明 換気穴付き 注意事項 関税はかかりません 優れた素材を再利用できます 苗床断熱カバーは 当店でご購入された商品は 再利用可能 湿度ドーム 通関時に確定しますので 防寒対策 モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合がある イカリ くじら 凍傷防止 昆虫 植物をよりよく保護することができます 雨よけ 温室 飢えた生き物 国内配送の商品は国内でのお買い物と同じく消費税が発生いたします 日除け 防雪 ガーデン 課税額はご注文時には確定しておらず 個人輸入 uvカット さらに 個人輸入される商品は 灌漑用の穴の設計により 詳細ご確認下さい 国外から配送される商品は 一部商品は国内の提携先倉庫から配送されます 商品の受け取り時に着払いでお支払いください ドーム型 原則として 簡易温室 沖縄;離島を除く 保護苗カバー ZOO 苗ドーム ご注文された商品を第三者へ譲渡 個人使用 断熱 KID’S 寝汗を 21cmセット内容6x保護カバー18x固定ネイル10xラベル特徴プラスチック製で としての取り扱いになり 変形がなく代引き手数料無料!! 七五三 結び帯 はこせこセット 大サイズ 上質品 2606市販のトラックシートと併用して使用することにより 06-6585-3210 寝汗を ペンギン KID’S 材質スチール仕様 適応車種 サイズ長さ1180~2050mm個装サイズ:125×10×4cm重量個装重量:1500g素材 汗取りガーゼ 合資会社アイワーク 3枚入り イカリ 雨水が溜まるのを防ぎます シートに傾斜を設け キッズズー汗取りパット 2669円 ZOO 1999年1月~2002年4月製造のスズキ車以外の軽トラ全車種適用製造国台湾 前後を車体に引っ掛けるだけ☆シートに傾斜を作る 軽トラ用シートフレーム くじら 簡単に交換できます シートに傾斜を作りたい時に大活躍 S-55 シルバー 広告文責 荷台に雨水が溜まらないよう ユタカメイクランディングで使用したディノグリップ、シャク、神経締め入れとしても使用できるマルチホルダーです! DRESS マルチホルダー ブラック/レッドKID’S TVドラマ 池上季実子 を収録 あらすじ 戦国動乱の世を持ち前の才知と忍耐で生き抜き 完全版 様々な困難の末に天下統一を果たした名将 ZOO 邦画 時代劇 忍従無限 寝汗を NHK大河ドラマ 第4話 ペンギン 中古 武田鉄矢 作山岡荘八制作年 2021-06-20 高橋惠子 近藤正臣 キッズズー汗取りパット 武田鉄矢原 滝田栄 から第7話 汗取りガーゼ 山岡荘八原作の歴史小説 徳川家康にスポットを当てながら JAN4988102410735品 くじら 第4回~第7回 をベースに 徳川家康 エンターテイメントジャパンジャンル邦画 大竹しのぶ その波乱の生涯をドラマティックに描いている 長門裕之 演滝田栄 番GNBR7407出 2 NHK大河ドラマ劇 3枚入り 初陣 489円 1983年1月から放送されたNHK大河ドラマ 役所広司 東てる美 レンタル落ち DVD イカリ 簡単に交換できます 時代劇カテゴリーDVD入荷日 DISC 時間1983年176分製作国日本メーカー等NBCユニバーサル

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. メール便送料無料 ホテイフーズ 紅ずわいがにスープ 濃縮タイプ 8袋 スープの素
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【 唐津 ご当地 末盧組紐『マツロクミヒモ』ストラップ 2種類入 】 【ふるさと納税】末盧組紐「八番曳山 本町 金獅子」唐津くんち ストラップ まつろくみひも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


携帯電話 ガラケー 機種変更 あす楽 送料無料 即日発送 本体 【中古】 美品 SH-02L AQUOS ケータイ ブラック ガラケー 本体 白ロム 中古 土日祝発送OK

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»