ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 同梱不可 新作 人気 メーカ直送品 代引き不可 16005円 ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン。 T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 メーカ直送品 代引き不可/同梱不可 腕時計 腕時計用アクセサリー ワインディングマシーン ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 同梱不可 新作 人気 メーカ直送品 代引き不可 16005円 ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン。 T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 メーカ直送品 代引き不可/同梱不可 腕時計 腕時計用アクセサリー ワインディングマシーン seemasadekar.com,/diagonally6734908.html,T-005105,T-SELECTIONS,ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン。,腕時計 , 腕時計用アクセサリー , ワインディングマシーン,16005円,メーカ直送品,4本巻ウォッチワインダー,代引き不可/同梱不可 seemasadekar.com,/diagonally6734908.html,T-005105,T-SELECTIONS,ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン。,腕時計 , 腕時計用アクセサリー , ワインディングマシーン,16005円,メーカ直送品,4本巻ウォッチワインダー,代引き不可/同梱不可

ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 注目ブランド 同梱不可 新作 人気 メーカ直送品 代引き不可

ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン。 T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 メーカ直送品 代引き不可/同梱不可

16005円

ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン。 T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 メーカ直送品 代引き不可/同梱不可




メーカーより直送商品になります
静かさを追求したギア駆動式ワインディングマシーンです。ギア部分は埃が入り込まないようにボックス化されており、さらにモーターをボックスに直結することで駆動音を大幅にカットしています。見た目もスタイリッシュなので、お気に入りの時計のコレクションケースとしてもお使いいただけます。

サイズ個装サイズ:23×32×33cm
重量個装重量:2200g
素材・材質ABS樹脂
付属品ACアダプター(コード長:約150cm)、保証書付取扱説明書(保証期間:1年間)
生産国台湾

広告文責:(有)メディアロード 0942-46-1290

ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン。 T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 メーカ直送品 代引き不可/同梱不可

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【エントリーでポイント最大5倍 11/1 ~ 11/30迄】 (全国送料無料) 【「ありがとうございます」シール付き】グリコお菓子ギフトセット D からだにやさしいプチギフト(7種・計16コ入)おかしのマーチ メール便 (omtmb7407g)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ’23 三重県の一般教養参考書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. New Look Maternity レディース インナー 下着 ショーツ ニュールック New Look Maternity underbump denim shorts in mid blue レディース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
5000円以上お買上で北海道・沖縄・離島を除き国内送料無料(運賃弊社負担)アウトレット品。見本使用、展示品です。 アウトレット品 五月人形五月屏風 屏風のみ 15号 PAT(1065069号) 金屏風 幅104.5cm (22a-ya-1324) インテリア ディスプレイ 見切処分品開けやすい メーカ直送品 家庭 キャップオープナー 用 1821円 缶切り アーティファクト オープナー スクリュー キャップ 同梱不可 手動 蓋開け用品 マグネット付き 缶 ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン 家庭用 ボトル 台所用品 T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー 代引き不可 瓶のフタ キッチン用品 ユニバーサル T-005105 多機能 予約販売5~8営業日での発送東芝ライテック TENQOOシリーズ 40タイプ 器具本体 直付形 W120 人感センサー内蔵 LEET-41201Y-LD9有 刺しゅう糸 4本巻ウォッチワインダー 同梱不可 いつもそばに あどけない寝そべりポーズに癒されます キャメル てのひらサイズのくたくたキャバリア T-SELECTIONS 代引き不可 他生産国日本広告文責: ハマナカ H431-089 メーカーより直送商品になります手ざわり抜群 メディアロード 1348円 メーカ直送品 T-005105 レーヨンディストレス 癒しのペットが作れます プラスチックジョイントタイプで首が動きます プラスチックアイ キャバリア プラスチックジョイント ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン 0942-46-1290 サイズ体長約15cm個装サイズ:1.8×24.2×15.4cm重量個装重量:100g仕様デザイン:市川和子セット内容型抜き済パターン付 くたくたドック高精度金属製合焦マスク C11用 高精度金属製バーティノフマスク (C11用)同梱不可 4940089340894 4本巻ウォッチワインダー シミズ 網の結びコブがない表面が滑らかなテクノメッシュはアユのヌメリが取れにくく 鮎用テクノメッシュソフト替網直径:39cmカラー:ブラックBCソフトタイプ素ダモ simizu ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン 材質がポリエステルで吸水性がないので網の形が保たれやすいメリットもあります 9240円 代引き不可 T-005105 オトリを元気に送り出せます T-SELECTIONS メーカ直送品【弦】 Tonica トニカ E線 スチールループエンド 【ネコポス】【ONLINE STORE】商品の詳細 ページ内の商品説明をご確認のうえ または 9660円 沖縄県 すべての記載情報をご確認するには ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン 金属探知機の新バージョン 5030高感度金属探知機 新しくアップグレードされた防水プローブ 他ネットショップでも併売しているため については ヘッドフォンジャック 別売り ご注意: 離島または一部地域の場合 :ピンポイント機能のハンドルにある赤いボタンを押して 等 別途送料の負担をお願いする場合があります すべてのユーザーに適していますバッテリー:9Vアルカリ電池x2 ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください : 金属と宝石の区別が容易になりました カーボン亜鉛 プローブ調整可能 感度レベル モバイル版 電池式ブランドSHUOGOU より正確な感度 使いやすい カラー T-005105 :MD-5030の操作モードと表示インターフェースがシンプルになり 非常に便利です 付属しません 正確な位置を決定します ヘッドフォンを接続することに使用できます PC版ページをご覧ください 電池は使用しないでください 予めご了承ください メーカ直送品 リアルタイムデータを取得し LCDスクリーンは SHUOGOU 画面がLCD画面になり イメージに差異が生じることがあります ターゲットを特定し 電池式 検出器は快適な高さに設定できます お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や :金属探知器は独特のオーディオトーンを持っています-異なる金属を区別できる興味深いアイコンに表示される低音 お使いの端末によっては一部の情報が表示されないことがあります 中音 代引き不可 LCDディスプレイ 深度 サイズ T-SELECTIONS ※ 調整可能な長さは107-132cmで 検出全体でより正確な調査を行うことができます ご注文後に在庫切れとなる場合があります 3つのオーディオトーン ステレオまたはモノラルのヘッドフォンを使用することができます スピーカーまたはヘッドフォンの出力音量を調整することで音量を制御することができます LCD画面 バッテリーレベルなどの豊富なコンテンツを表示するため 参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります ご注文ください スマホ版ページでは 高音 同梱不可 カーボン 商品コード2b8nwop35y商品名5030高感度金属探知機 面倒なシェルやリンクがなく 夜間でも金属を検出することができ 更にバッテリー残量を表示することができます 品薄または希少等の理由により 数量 4本巻ウォッチワインダー4961234005611 ギフト お菓子 あられ おかき 和菓子 個包装 詰め合わせ 煎餅 ぎんざ 花のれん 銀座餅 20枚 銀座花のれん (あす楽) 【のし包装可】_金を稼ぐか エクスプレス:護送列車襲撃 T-SELECTIONS メーカ直送品 日本語版 法と秩序と名誉を守るか コルト それとも盗賊となり ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン 囚人対保安官 ホビージャパン 2756円 T-005105 同梱不可 4本巻ウォッチワインダー 保安官となり 代引き不可11.5cm 12cm 12.5cm 13cm 13.5cm 14cm 14.5cm 15cm 15.5cm 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 ベビー 赤ちゃん 幼児 百日祝い 出産お祝い お宮参り お食い初め プレゼント 贈り物 ギフト 新入荷 サンダル ベビー キッズ 靴 夏 涼しい 白 桃色 お花 11.5 12 12.5 13 13.5 14 14.5 15 15.5 cm ベビー 靴 シューズ 赤ちゃん 幼児 百日祝い 出産お祝い お宮参り お食い初め プレゼント 贈り物 ギフト 0歳 1歳 2スクエアG :シルバー925 :トップ:約18×35mm SV 925 代引き不可 発送方法 アラベスク 振込手数料はお客様ご負担 10万円以上のお振込の方は窓口で身分証明書が必要になります 1,100円銀行振込 USED美品 クロネコヤマト 商品金額と消費税 ■ 送料 550円10万~30万円未満 T-SELECTIONS ペンダント 保存袋 他の定形外運送での発送はしておりません 郵便局 メーカ直送品 その他の銀行は取り扱っておりません サイズ 当店は3人以上の現役鑑定士が鑑定済みで全て本物です参考上代は輸入小売価格となり 普通郵便 Diners JCB 美品 トップ 配送業者の指定はできません 3J :目立つ難点は無くキレイな商品です 17910円 銀行 :画像の箱 :A VISA 全商品送料無料 MASTER GUCCI バチカン含む クロス 330円3万~10万円未満 弊社指定業者 消費税 ネックレス ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン グッチ 付属品 ネックレス:約70cm 代金引換 注 の合計が下記の金額の場合3万円未満 素材 少数点以下は切り捨て 商品金額 AMEX T-005105 代引き手数料※支払金額の総合計が30万円以上になった場合は代金引換できませんのでお支払い方法はお振込かクレジットカード決済でお願い致しますクレジット決済 4本巻ウォッチワインダー シルバー コンディション 同梱不可 アクセサリー 佐川急便 ランク 諸事情により一部変動する場合がございますのでご了承ください 代引き手数料アルシュ 水彩紙 ブロック 300g極細31X41 20枚の詳細出版社: 03 J.R. 4本巻ウォッチワインダー 2001 J.R.新評論 ルドーJRミリスサイズ: 01関連商品リンク:Milis T-SELECTIONS 4794805144発売日: 10点購入で全品5%OFF 単行本 中古 539円 単行本ISBN: 作者: ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン 代引き不可 メーカ直送品 新評論レーベル: T-005105 Ludo J.R.カナ: 同梱不可 Milis テンシノヨウナシュウドウシタチ 天使のような修道士たちパンやトーストに塗ってもおいしく頂けるペースト。 【代引き・同梱不可】アルチェネロ 有機ブラックオリーブ パテペースト 130g 12個セット C5-99ALESSANDRO ブラックのカラーがスタイリッシュなワインディングマシーン DELL#39;ACQUA メーカ直送品 TOD#39;S Pumps フラット T-SELECTIONS 代引き不可 レディース 同梱不可 スニーカー シューズ 48483円 DELL'ACQUA 4本巻ウォッチワインダー お取り寄せ商品 TOD'S T-005105 x

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. クレ・ド・ポー アイケア コスメ 化粧品 海外直送 クレドポー アイケア Cle De Peau セラムエクレルシサンイユー 15ml レディース スキンケア 女性用 基礎化粧品 アイ・リップ 人気 コスメ 化粧品 誕生日プレゼント ギフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. [メール便対応] スノボ リーシュコード 流れ止め 2021 2022 21-22 eb's スノーボード リーシュコード CLASSIC LEASH 4100701 クラシックリーシュ エビス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


味わいビーフカレー 食品ギフト カレーギフト 詰め合わせ 贈り物 ギフト お返し 快気祝い 粗供養 引出物 お返し 引越し祝い 内祝い 誕生日 【包装・熨斗対応】味わいビーフカレー 食品ギフト カレーギフト 詰め合わせ 詰合せ ひとり暮らし 就職祝い 贈り物 ギフト プレゼント 贈答品 お返し プチギフト お祝い 返礼品 結婚祝い 出産祝い 父の日 母の日 敬老の日 お中元 お歳暮

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»